宮城のニュース

<楽天>ソフトバンクに6−8 1分け挟み4連敗

 東北楽天は競り負け、1分けを挟み4連敗。6−5の八回、5番手ブセニッツがグラシアルの2点打などで3点を奪われた。先発石橋は一回にグラシアルに先制3ランを許すなど4失点(自責点3)し、5回で降板した。
 打線は七回、茂木の3ランで1点差に迫り、八回は銀次の2ランで一時逆転する粘りを見せたが、中盤までは三回の浅村の内野ゴロによる1点だけだった。ソフトバンクは5連勝。

ソフトバンク−東北楽天12回戦(東北楽天7勝5敗、18時00分、ヤフオクドーム、34,232人)            
東北楽天  001000320=6
ソフトバンク31000103×=8             
▽勝 モイネロ36試合1勝1敗3S             
▽S 甲斐野32試合1勝1敗4S              
▽敗 ブセニッツ20試合1勝2敗              
▽本塁打 グラシアル17号(3)(石橋)茂木9号(3)(高橋礼)銀次
2号(2)(モイネロ)  

☆熱血平石語録

<悔しい> 
 「打線がよく粘ってひっくり返してくれたのに。悔しいですね」(八回に銀次の2ランで逆転したが、その裏に3点を奪われての敗戦に)

☆イヌワシろっかーるーむ

<石橋良太投手(先発し5回4失点で降板)>
 「調子は良かったが一回の入りが悪かった。力が入り過ぎて甘いコースに投げてしまった。野手の皆さんに申し訳ない」


2019年07月03日水曜日


先頭に戻る