宮城のニュース

<楽天>終盤一発攻勢 打線に粘り、一時は逆転

茂木栄五郎選手

 東北楽天打線が劣勢の終盤に一発攻勢で一時逆転する粘りを見せた。
 1−5の七回2死一、二塁から茂木が先発高橋礼の直球を捉え右越えに3ラン。「2死から辰己がつないでくれたので自分も後ろにつなぐ意識で打席に入った。いい結果になった」と語った。1点差に迫った八回は銀次が2番手モイネロの直球を右翼席に逆転2ランを放った。「速い球に合わせた。いい対応ができた」と振り返った。
 ただ、5番手ブセニッツの乱調でチームは再び逆転されて敗戦。銀次は「気を緩めたわけではないが、それが首位を走るチームの力。チームが勝つことが一番なので、また次頑張ります」と切り替えた。


2019年07月03日水曜日


先頭に戻る