宮城のニュース

<ベガルタ>ヤクブスウォビィク獲得 シュミット移籍で補強

ヤクブスウォビィク選手(J1仙台提供)

 J1仙台は2日、ポーランド1部シロンスク・ヴロツワフからポーランド代表歴のあるGKヤクブスウォビィク(27)=190センチ、82キロ=を完全移籍で獲得したと発表した。登録手続きを経て、20日のアウェーC大阪戦から出場可能となる。
 ヤクブスウォビィクはポーランドの6チームでプレー。ポーランド代表として1試合出場した経験がある。シュートストップにたけ、プレーエリアが広いのが持ち味。
 クラブを通じ、ヤクブスウォビィクは「満員のスタジアム、皆さんの前でプレーすることが本当に待ち切れない。期待以上のプレーを披露し、仙台の発展に全力を尽くすことを約束する」とコメントした。
 仙台のGK陣はシュミットがベルギー1部シントトロイデンに移籍するほか、関が顎を骨折して復帰途上と選手層が薄く、補強を急いでいた。渡辺監督は発表前に「抜ける正GK(のシュミット)に遜色ない選手の獲得を要望し、強化部も迅速に動いてくれている」と話していた。


2019年07月03日水曜日


先頭に戻る