宮城のニュース

<ベガルタ>きょう天皇杯FC大阪戦

 3日、仙台市のユアスタ仙台で天皇杯全日本選手権2回戦のJFL(日本フットボールリーグ)のFC大阪戦に臨む。午後7時開始予定。相手はJ1から3段階下のカテゴリーに所属。昨季は準優勝と初タイトルにあと一歩届かなかっただけに、悲願の達成に向けて初戦を確実に突破したい。
 1日は仙台市泉サッカー場で調整。6月30日の札幌とのリーグ戦の先発メンバーは休養を取り、FWハモンロペスやDF大岩らがサイドを崩す攻撃練習や守備の連係を確認した。2日は非公開で最終調整した。
 天皇杯で仙台は2016年から2年連続で初戦敗退。昨季は初戦でJ3群馬を4−0で破り、決勝進出まで上り詰めた。今回は札幌戦から中2日の連戦となり、大幅にメンバーを入れ替える可能性が高い。
 FC大阪は1回戦で同じJFLの滋賀を2−0で破った。JFLでは16チーム中11位で、ここ7戦は1分け6敗の13失点と守備に課題がある。縦に速い攻撃が持ち味で、リーグ5位タイの5ゴールを挙げるFW川西が得点源となる。


2019年07月03日水曜日


先頭に戻る