宮城のニュース

<ベガルタ>ピッチサイド/GK陣の絆 シュミットの会見に川浪潜入

川浪(右)からワッフルを贈られ、笑顔を見せるシュミット

 晴れの席にサプライズで花を添えた。ベルギー1部シントトロイデンへの完全移籍で基本合意した仙台のGKシュミットの記者会見。担当記者に交じり、GK仲間の川浪が陣取った。
 動きは敏腕記者さながら。会見の様子をスマートフォンで撮影し、質疑応答でも挙手してサポーターに意気込みを語るよう求めた。シュミットも笑いながら「CL(欧州チャンピオンズリーグ)に出る」「東北楽天の始球式ができるように頑張る」と回答。報道陣からシュミットに贈られたベルギー名物のワッフルを手渡す役も務めた。
 川浪は「たまたま暇だったから」と言うが、GK陣の絆の強さを改めて感じた。関を含めた3人は開幕前のキャンプから互いを高め合った。シュミットは「競争は厳しかったが、自分が出場したときは支えてくれた。仲間に恵まれた」と感謝。顎の骨折から復帰を目指す関は「一緒に切磋琢磨(せっさたくま)できて良かった」と振り返る。
 3人をまとめたのは石野GKコーチ。練習では付きっきりで指導を続けた。「石野さんとやって少しはうまくなったと思う」とシュミット。仲間と磨き合い、高めた力を欧州で試す。(原口靖志)


2019年07月03日水曜日


先頭に戻る