広域のニュース

<参院選>東北18人立候補へ 全6選挙区、与野党激突 あす公示

 参院選(21日投開票)は4日、公示される。東北6選挙区には改選数各1に対し、現職6人、新人12人の計18人が立候補を予定し、全選挙区で与党候補と野党統一候補が激突する。6年半が経過した第2次安倍政権への評価を中心に、憲法改正の是非や金融庁の審議会報告書に端を発した「老後資金2000万円問題」、東日本大震災からの復興政策などを巡って論戦が繰り広げられる。
 東北の立候補予定者の党派別は自民党6人、立憲民主党2人、無所属4人、諸派6人。総数は、野党が候補者を一本化した前回2016年と同じ見通し。
 6選挙区全てで自民現職に野党系新人が挑む事実上の一騎打ちとなる。野党勢力が5勝1敗と大勝し、全国の潮流と一線を画した16年から、与党がどう巻き返すかが焦点となる。
 宮城は改選数が2から1に減る。4選を狙う自民現職が公明の推薦を得て、組織固めに入るのに対し、立民新人は国民、共産、社民各党の支援を追い風に浸透を図る。もう1人の自民現職は比例代表に回る。
 青森は再選をうかがう自民現職と立民新人による戦い。岩手は4選を目指す自民現職と無所属新人が議席を争う。秋田は再選に挑む自民現職と無所属新人が対決。山形は再選を期す自民現職と無所属新人が舌戦を展開する。福島は3選を狙う自民現職と無所属新人が決戦に挑む。
 政治団体「NHKから国民を守る党」は6選挙区に新人を立てる方針。


2019年07月03日水曜日


先頭に戻る