宮城のニュース

商業捕鯨再開 仙台市場へ初出荷「状態良い、刺し身でおいしく」

市場に並んだ商業捕鯨再開後初のミンククジラ=4日午前6時30分ごろ、仙台市若林区の市中央卸売市場

 31年ぶりに再開した商業捕鯨で水揚げされた鯨肉が4日、仙台市と石巻市の市場で初めて競りに掛けられた。待望の初物入荷で、市場は商業捕鯨への期待とご祝儀相場に沸いた。
 仙台市中央卸売市場(若林区)には、1日に北海道の釧路港に揚がったミンククジラの肉計240キロが入荷した。1・5〜3・5キロのブロックで箱詰めされ、赤肉は1キロ当たり4500円〜1万円の値が付いた。
 石巻市魚市場では釧路沖で捕獲されたミンククジラの肉計131・7キロが入荷。赤肉で1キロ当たり4500〜7000円だった。
 同市内で鮮魚店を営む佐々木雅彦さん(67)は「調査捕鯨では肉質は二の次だったが、商業捕鯨の鯨肉は状態が良い。刺し身でおいしく食べられるだろう」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年07月04日木曜日


先頭に戻る