宮城のニュース

<楽天>ヤマ場の首位攻防戦、グラシアル止められず 暗雲6連敗

6回、降板を告げられた東北楽天・先発の辛島(右から2人目)

 前半戦最大のヤマ場だったソフトバンクとの首位攻防戦で東北楽天はまさかの3連敗に終わった。「三つしっかりやられた」。平石監督は無念の表情を浮かべた。
 この日もグラシアルにやられた。まずは先発辛島。一回に内川の適時打で先制点を献上し、なおも2死一塁で、甘めに入った直球を簡単に右翼席に運ばれた。「少し中に入ってしまった。(一発が)痛かった」と反省した。
 2番手青山もつかまった。2−3の六回1死一、二塁から登板。いきなりグラシアルとの対戦を迎えた。「怖さがあった」と慎重に入りたかったベテラン右腕に対し、若手捕手の堀内はグラシアルのタイミングの取り方などから変化球待ちを感じ取って直球系での内角攻めを選択。これが裏目となった。
 初球に内角への直球を見せ、2球目はシュート。これが真ん中へ入り、勝負を決める左越え3ランとなった。青山は「試合を壊してしまった。(シュートを)投げ切れていれば…」と悔しがった。
 この3連戦でグラシアルに許した打点は11。要警戒の打者を止められず、チームは今季最多となる6連敗となった。指揮官は「このままずるずると引きずるわけにはいかない。(5日から)カードが変わる。切り替える」と声を振り絞った。
 リーグ戦再開後、まだ勝ち星がない東北楽天。今が踏ん張りどころだ。(伊藤卓哉)


2019年07月05日金曜日


先頭に戻る