宮城のニュース

<楽天>ソフトバンクに3−6、投手陣崩れる

 東北楽天は投手陣が踏ん張れず、1分けを挟み今季最多の6連敗。先発辛島は一回にグラシアルに2ランを許すなど六回途中5失点で4敗目。救援した2番手青山もグラシアルに一発を浴びた。打線は0−3の二回、ブラッシュの20号ソロで1点を返し、四回にも1点を加えて1点差に迫ったが及ばなかった。
 ソフトバンクは今季初の7連勝。先発千賀は7回2失点でリーグトップの9勝目を挙げた。

 ソフトバンク−東北楽天14回戦
(7勝7敗、18時00分、ヤフオクドーム、34,374人)
東北楽天  010100001=3
ソフトバンク30000300×=6
▽勝 千賀15試合9勝2敗
▽S 甲斐野33試合1勝1敗5S
▽敗 辛島13試合5勝4敗
▽本塁打 グラシアル18号(2)(辛島)グラシアル19号(3)(青山)ブラッシュ20号(1)(千賀)ウィーラー14号(1)(高橋純)


2019年07月05日金曜日


先頭に戻る