青森のニュース

参院選公示・青森 初日の訴え

 自民党現職の滝沢求候補の第一声は青森市内であり、支持者や自民県議らが集まった。選対本部長の江渡聡徳衆院議員(比例東北)は「安定した政治を求めるのか、まとまらない野党が行う政治に舞い戻るのか考えてほしい」と訴えた。三村申吾知事もマイクを握り、支援を呼び掛けた。
 野党統一候補で立憲民主党新人、小田切達候補の市内での第一声には、国民民主、共産、社民各党県組織の代表らが駆け付けた。社民県連の三上武志代表は「(自民党による)うそとごまかしの政治を変えよう」と声を上げた。選挙カーは地縁が薄い南部地方を巡り、知名度向上に奔走した。
 NHKから国民を守る党新人の小山日奈子候補も立候補した。


2019年07月05日金曜日


先頭に戻る