秋田のニュース

<参院選秋田>村岡敏英氏は自民応援 17年衆院選で自民候補と対決

中泉候補の出陣式で御法川氏(左から2人目)と並ぶ村岡氏(右端)

 希望の党から2017年衆院選秋田3区に立候補し自民党候補に敗れ落選した元衆院議員の村岡敏英氏(58)は4日、参院選秋田選挙区(改選数1)に立候補した自民現職の中泉松司候補(40)の出陣式に姿を現し、同候補を応援することを表明した。村岡後援会にも支持を呼び掛けていく。
 2日の記者会見で村岡氏は、野党統一候補として共産党からの支持も受ける無所属新人の寺田静候補(44)を応援せず、後援会は自主投票とする考えを明らかにしていた。これを受け、元々保守層の多い後援会から立場をより明確にするよう求められ、3日に中泉候補支援を決断したという。
 村岡氏は17年の衆院選で自民現職の御法川信英氏(55)に敗れ比例復活もならなかった。現在は無所属で引き続き国政を目指している。
 4日の出陣式では、御法川氏を含む自民の県選出国会議員らと並んで立ち、マイクを握った。
 村岡氏は「基本的姿勢が違うところと国政は一緒にできない」と寺田候補を支持しない理由を説明。「御法川氏とは選挙で戦いを交えたが、秋田県は人口減少などで大変な状況にあり、中泉さんに頑張ってもらう。全力で応援する」と強調した。


2019年07月05日金曜日


先頭に戻る