宮城のニュース

石からくちばし? 自然のすごさ伝える化石

 ◇…石の中央部からのぞいている、くちばしのような物体。数百万年前の二枚貝の化石の可能性が高いという。見えるのは、ちょうつがい部分で全長は17センチ前後と推定される。
 ◇…宮城県亘理町の男性(68)が東日本大震災直後、同町荒浜で見つけた。最近「貝のようだ」と気付き、仙台市科学館に持ち込んだ。石を割らないと種類や年代は分からないという。
 ◇…「太古の生物が千年に一度の津波に運ばれ、海底から現れたのでは」と男性。自然の威力もすごさも伝えるために。
(亘理)


関連ページ: 宮城 社会

2019年07月06日土曜日


先頭に戻る