宮城のニュース

<ベガルタ>きょうアウェー浦和戦

 6日、さいたま市の埼玉スタジアムでリーグ戦第18節のアウェー浦和戦に臨む。午後7時開始予定。J1の対戦で過去4分け7敗と苦手な敵地で、4連勝の勢いを保って後半戦の好スタートを切りたい。
 4日は仙台市泉サッカー場で調整。相手DFラインの裏を突くシュート練習のほか、4バックの守備の連係を確かめた。ベルギー1部シントトロイデンに移籍するGKシュミットも意欲的にシュートストップを狙った。3日の天皇杯2回戦の先発メンバーらは休養した。5日は非公開で最終調整した。
 仙台は7勝1分け9敗の勝ち点22で暫定10位。前節は札幌に2−1で競り勝ち、クラブ初のホーム6連勝を飾った。MF関口が2戦連続で決勝ゴールを決めて好調を保つ。MF椎橋ら中盤から縦を突く攻撃の成否が鍵を握りそうだ。
 浦和は1試合消化が少なく、6勝3分け7敗の勝ち点21で暫定12位。前節は大分に0−2で完敗した。成績不振でオリベイラ前監督を解任し、大槻監督(仙台市出身)が指揮を執って1勝1分1敗と踏ん張る。総得点13とリーグで4番目に少ない攻撃の不調が課題。
 J1での通算対戦成績は仙台の3勝9分け11敗。


2019年07月06日土曜日


先頭に戻る