宮城のニュース

<楽天>下水流代打で初出場、好守に阻まれる

8回東北楽天無死、移籍後の初打席で三直に倒れた下水流

 交換トレードで東北楽天に新加入した下水流が八回に代打で初出場した。2番手公文の初球のスライダーを振り抜くと打球は三塁線への鋭いライナーとなったが、好守に阻まれて三直に。「割といいアプローチができたと思う」と手応えを口にした。
 そのまま右翼の守備に入り、再び打席が回ってきた九回は空振り三振に終わった。「いいスイングをして次は結果を残したい」と雪辱を誓った。
 東北楽天のファンに対しては「思ったよりも大きな声援をもらえてうれしかった」と話した。


2019年07月06日土曜日


先頭に戻る