宮城のニュース

<楽天>打線組み替えも実らず

6回東北楽天無死一塁、見逃し三振に倒れてうつむく浅村。捕手石川亮(佐藤琢磨撮影)

 日本ハムのエース有原攻略に向けて、東北楽天は浅村を今季初めて4番に据える打線の組み替えを試みたが、七回まで1安打と返り討ちに遭った。
 1〜3番に出塁率の高い茂木、銀次、ブラッシュを並べ、勝負強い浅村の前に得点機を演出するプランだった。平石監督は「打線がこのところ、あまり良くなかったので手を打とうと思った。流れを変えたかった」と説明した。
 しかし、思い通りにはならなかった。三回、茂木、ブラッシュが四球を選び、1死一、二塁となったが、浅村、ウィーラーが連続三振で好機を逸した。
 0−2の六回は先頭ブラッシュが四球で出塁したが、浅村は見逃し三振。ウィーラーは三ゴロ併殺打に打ち取られ反撃ムードはしぼんだ。浅村は「有原はフォークボールが良かった。どのカウントからでもストライクを取られ、的を絞りづらかった」と語った。
 有原が降板した後の八回に救援陣から銀次の適時二塁打などで2点を返す粘りを見せたが、前カードのソフトバンク戦の和田や千賀と同様に、力のある先発投手にまたも屈した。
 イーグルスの先発陣も試合をつくっている。それだけに、好投手攻略には一回に見せた茂木の盗塁など足を絡めた積極的な仕掛けが鍵になりそうだ。(丹野大)


2019年07月06日土曜日


先頭に戻る