宮城のニュース

<楽天>塩見4失点、勝負どころでの失投悔やむ

塩見貴洋選手

 東北楽天の先発塩見は勝負どころでの失投に泣き今季初黒星を喫した。
 0−0の四回無死一塁で抜け切らなかったフォークボールを日本ハムの主砲中田に左越えの先制2ランにされた。「ホームランは避けないといけないところで出してしまった」と後悔した。七回には1死二塁から石井に左中間への適時三塁打を浴びて降板。左腕はベンチでしばらくうつむいたままだった。
 平石監督は「塩見は丁寧に放っていた。球に切れがあり、よく頑張っていた」とかばった。


2019年07月06日土曜日


先頭に戻る