宮城のニュース

新事業 東松島で考える 来月中高生向けイベント

 河北新報社は8月18〜20日、全国の中高生、高専生を対象にしたキャリア教育プログラム「パワー・オブ・イノベーション2019in東北」を東松島市の防災体験型宿泊施設「キボッチャ」で開催する。参加者を募集している。
 2泊3日の合宿型。「イノベーション」とは何か、過去の事例を通じて学んだ上で、参画企業から出された課題にチームで挑み、未来を切り開くような革新的な企画を練り上げる。
 「教育と探求社」(東京)が東京で開催してきた学習プログラムで、参画企業はイオンリテール東北カンパニー、山一地所(ともに仙台市)、JM(東京)などを予定している。
 定員は100人。参加料は3日間の食費・宿泊費を含めて1万円。ウェブサイトから申し込む。締め切りは26日。連絡先は河北みらいプロジェクト事務局022(211)1318。

申し込みはこちら
https://powerofi.jp


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年07月06日土曜日


先頭に戻る