岩手のニュース

受刑者のアイドル「ペペ」 歌の力更生後押し 盛岡少年刑務所を慰問

歌で受刑者を励ますペペの2人

 全国各地の矯正施設で公演を続けて「受刑者のアイドル」と呼ばれる女性デュオ「ペペ」のまなみさんとめぐみさんが3日、盛岡少年刑務所(盛岡市)を慰問し、受刑者126人を前にオリジナル曲や歌手さだまさしさんの「いのちの理由」を披露した。
 歌の合間には刑期が終わるのを待つ受刑者の家族の手紙を読み上げた。男性受刑者は「育ててくれた両親を裏切ったことに改めて罪悪感を感じた。被害者や家族のために真面目に生きたい」と話した。
 ペペは2000年に結成。「プリズンコンサート」と題し、これまでに全国の矯正施設で479回の公演を続けている。盛岡でのコンサートは8年ぶり4回目となる。
 2人は「更生には誰でもきっかけが必要。私たちの歌がその一つになり、受刑者の心のスイッチを押せればいい」と語った。


関連ページ: 岩手 社会

2019年07月06日土曜日


先頭に戻る