福島のニュース

<福島廃炉への道>窒素注入配管の通気試験を開始

◎6月1日〜30日

6日  東京電力は福島第1原発1号機で、原子炉の水素爆発を防ぐために整備した新たな窒素注入配管の通気試験を始めた。7月11日まで。
10日  1号機原子炉格納容器内部調査のための扉の穴開け作業中にダスト濃度が上昇し、管理値を超えた可能性があると発表。作業は4日に行ったといい、穴開けを中断して手順などを見直す。再開は7月になる見通し。
17日  3号機の使用済み核燃料プール内でがれき撤去機器の一部が脱落するトラブルがあったと発表した。機器は熊手状で、機器内部のねじの緩みが原因とみられる。
 協力企業の50代の男性作業員が帰宅後に体調不良を訴え、意識不明になったと発表した。19日に意識が戻った。過度なストレスがかかる業務内容ではないといい、東電は業務が原因ではないとみている。
19日  東電は潤滑油の貯蔵方法を誤っていたと発表した。潤滑油は引火点が低い第3石油類だが、第4石油類との扱いで管理していた。適切な場所に移動するという。第2原発でも同様のミスがあった。
 2号機海水配管トレンチ建屋接続部にある汚染したたまり水(約140立方メートル)について、2号機タービン建屋に移送する作業をスタート。作業は10日間ほどかかると発表した。
26日  たまり水の問題で、移送に伴う穴開け作業に時間を要するため、終了時期を7月中旬に変更した。
27日  貯蔵タンク内の汚染水量について、エリアごとに異なっていた算出方法を統一すると発表。これにより114万6096トンとしてきた水量は114万3642トンに減る。


2019年07月06日土曜日


先頭に戻る