宮城のニュース

<楽天>美馬、7回4安打無失点 8Kの好投「先制点までなんとか頑張ろうと」

 東北楽天の先発美馬が7回4安打無失点、8三振を奪う好投を見せた。「先制点を取ってもらえるまで、なんとか頑張ろうと投げた」と振り返った。
 課題だった立ち上がりは、要所を締めた。一回は2死から近藤、中田の連打と四球で満塁とされたが、続く清宮を134キロのフォークボールで空振り三振に仕留めた。二回にも2死一、二塁のピンチを招いたが、渡辺を空振り三振とし切り抜けた。
 二回までに47球を要したが、三回以降は1安打に抑え、7回110球で降板した。粘った右腕は「球自体は良かったが、慎重になり過ぎて球数が多くなってしまった」と反省点も口にした。


2019年07月07日日曜日


先頭に戻る