宮城のニュース

<楽天>日ハムに0−1 打線振るわず今季8度目の零敗

 東北楽天は打線が振るわず、1分けを挟み8連敗。今季8度目の零敗を喫し、3位に後退した。一回に茂木の右翼線三塁打で無死三塁の好機をつくったが、後が続かず無得点。二回以降もつながりを欠いた。
 先発の美馬は7回4安打無失点、8奪三振と好投した。九回に登板した3番手松井が清水に適時打を許した。
 日本ハムは6投手の無失点リレーで3位に並んだ。5番手の玉井が2勝目。

東北楽天−日本ハム14回戦(7勝7敗、16時00分、楽天生命パーク宮城、27,467人) 
日本ハム000000001=1
東北楽天000000000=0
▽勝 玉井33試合2勝1敗  
▽S 石川直30試合1勝2敗4S              
▽敗 松井40試合1勝4敗24S              

☆イヌワシろっかーるーむ

<嶋基宏捕手(けがから復帰し、5月31日以来の先発出場で、五回に右前打を放つ)>
 「(打ったけれども)勝たないといけないですよ」

<下水流昂外野手(「5番・右翼」で移籍後初の先発出場)>
 「結果が大事。いい打順で使ってもらったのに、一本が出ず、申し訳ない。また頑張ります」


2019年07月07日日曜日


先頭に戻る