宮城のニュース

<楽天>星野元監督の家族、仙台の小学生77人招待

平石監督と記念撮影する故星野元監督の家族に招待された小学生たち

 東北楽天の故星野仙一元監督の家族が招待した仙台市内の小学生77人が7日、楽天生命パーク宮城で日本ハム戦を観戦した。
 児童は試合前の練習も見学。練習を終えた銀次は「楽天イーグルスに入れるように、たくさんご飯を食べて頑張ってください」と激励した。平石監督は「『野球が好きという気持ちが一番大事』と星野さんに教わった。勝ったり負けたりすると思うが、思いっ切り野球を楽しんでほしい」と話した。
 「子供たちに夢を持って野球に取り組んでほしい」という星野氏の生前の願いを反映させた取り組み。球団が星野氏の背番号77にちなみ、少年野球チームに所属する77人を選んだ。


2019年07月08日月曜日


先頭に戻る