宮城のニュース

<なでしこL・マイナビ仙台>市瀬、W杯の経験生かし無失点に貢献

 日本代表で女子ワールドカップ(W杯)に出場した仙台の市瀬が、復帰戦で無失点勝利に貢献した。代表と同じセンターバックに入り、周囲と連係して巧みにボールを動かすINAC神戸の攻勢を粘り強くはね返した。攻撃でも最終ラインからのビルドアップに果敢に挑んだ。
 「W杯で学んだことや自信を持ってできたことを試合で出したかった」と納得の表情。次の目標に定める来年の東京五輪に向かい、1次リーグ突破が懸かる浦和との最終節にも「タイトルを目指し、次も無失点で勝ちたい」と貪欲に狙う。以前にも増して意欲的な姿に、辛島監督も「W杯で自信をつけ、チームに還元してくれた」と目を細めた。


2019年07月08日月曜日


先頭に戻る