宮城のニュース

<楽天>下水流、移籍後初安打と適時打

 広島からトレードで今月加入した東北楽天の下水流が、移籍後初の安打と適時打を放った。「チームが負けてしまったのでね。次は勝てるようにしたいです」と複雑な表情で振り返った。
 0−2の二回1死、投前に詰まった当たりで全力疾走。頭から滑り込んで初安打を記録。送球がそれると、すぐに駆け出し二塁を陥れた。直後の島内の中前打で一気に生還した。
 2−2の三回2死一、二塁では、2番手ロドリゲスの149キロのツーシームを右前適時打に。「得点圏だったので集中していた。初球から2球続けて振り負けないようにできたのが良かった」と淡々と語った。


2019年07月08日月曜日


先頭に戻る