宮城のニュース

<参院選宮城>選挙公報219万部発送 19日までに各戸配布

選挙公報の発送作業に当たる運送会社の従業員ら

 宮城県選管は8日、参院選(21日投開票)の選挙区と比例代表の選挙公報計219万6000部を、仙台市を除く県内の34市町村に発送した。各市町村選管は19日までに県内の98万3776世帯に配布する。
 仙台市若林区の印刷会社では8日朝、県選管の担当者が配送先を確認後、運送会社の従業員によってトラック14台に積み込まれた。
 県選管職員8人がトラックに同乗し、各配送先に向けて出発した。
 県選管の阿部和彦事務局次長は「選挙公報には、有権者が候補者や政党を選ぶ際に参考にする重要な情報が載っている。一部たりとも紛失することなく届けてほしい」と述べた。


2019年07月09日火曜日


先頭に戻る