宮城のニュース

<所得公開>村井知事1954万円 郡仙台市長は2048万円

 宮城県と仙台市は8日、資産公開条例に基づき、村井嘉浩知事と郡和子市長の2018年の所得報告書を公開した。
 村井知事の所得は1954万円で、前年より238万円増えた。給与所得は2004万円。18年12月の給与条例改正で、期末手当を0.05カ月分引き上げたことから、10万円増えた。他に講師の謝金などの雑所得70万円を計上した。
 16年に親族から譲り受けたアパート(大阪府豊中市)の管理費などで、不動産所得は120万円のマイナスだった。
 郡市長は17年8月の就任後、初めて公開した。所得総額は2048万円で、給与所得1786万円に加え、不動産賃貸所得107万円、年金所得155万円を計上した。資産変更報告書には借入金740万円を記載した。
 財政事情を踏まえ、給与を県は5%、市は7%、それぞれ削減している。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年07月09日火曜日


先頭に戻る