宮城のニュース

<ユアテック>子会社3社が合併 新会社「ユアテック宮城サービス」発足式

発足式で決意を述べる玉川社長

 ユアテックの子会社3社が合併し、屋内配線工事や空調管衛生設備工事を担う新会社「ユアテック宮城サービス」(仙台市)の発足式が8日、仙台市内であり、合併による相乗効果で発展につなげることを誓った。
 関係者約120人が出席した。玉川洋市社長はあいさつで「各社が培ってきた良いところを土台に、業務の効率化と会社全体のレベルアップを図る」と強調。ユアテックの佐竹勤社長は「新しい歴史を作っていくという強い決意と気概を持ってほしい」と激励した。
 ユアテック宮城サービスは1日、いずれも仙台市の宮城電設、テクス宮城、大雄電工が合併して発足。資本金3000万円、従業員約110人。


関連ページ: 宮城 経済

2019年07月09日火曜日


先頭に戻る