宮城のニュース

青空まだ? 仙台梅雨寒 

曇天の下、鮮やかに咲き誇るタチアオイ=9日午前10時ごろ、仙台市泉区七北田

 宮城県内は9日、どんよりと雲が垂れ込め、梅雨寒となった。千島列島付近にあるオホーツク海高気圧から冷たく湿った東風が吹き込む「やませ」の影響で、気温が平年を下回る日が続いている。
 仙台管区気象台によると、仙台の最低気温は17.0度と6月下旬並み。その後も気温は上がらず、正午現在の最高気温は19.1度と平年を5.5度下回った。
 仙台市泉区七北田では、道路脇に植えられたタチアオイが青空を待ちわびるように咲いていた。
 気象台によると、やませの影響は今後2週間程度続くという。10日の県内は曇りで、明け方まで雨が降るところもある見込み。


関連ページ: 宮城 社会

2019年07月09日火曜日


先頭に戻る