宮城のニュース

<楽天>巨人からトレード移籍の和田、入団会見 「中軸打てる打者に」

入団会見で石井ゼネラルマネジャー(左)と握手する和田

 東北楽天が巨人からトレードで獲得した和田恋(れん)外野手(23)=180センチ、93キロ、右投げ右打ち=の入団会見が8日、仙台市の楽天生命パーク宮城であった。背番号は54。
 通算成績は5試合、打率1割2分5厘。今季、1軍の出場はないものの、未来の主砲として期待される。和田は「将来、中軸を打てる打者になれるように頑張りたい」と力を込めた。
 東北楽天の印象について「長打を打てる打者が多い」。ライバルとして意識する同学年の内田については「連絡先を知っているし、一緒にご飯を食べたこともあるが、競争だと思ってやる。毎年、毎年が勝負だと思っている」と強調した。
 高知県出身。2014年に高知高からドラフト2位で巨人に入団。仙台については「牛タンが好きで昔からよく食べる。イースタン・リーグの試合で来たら必ず食べている」と話した。
 平石監督は「2軍監督時代にパンチ力があり、いい打撃をしていると思っていた。内田らと切磋琢磨(せっさたくま)して、(レギュラーを)勝ち取ってほしい」と期待した。


2019年07月09日火曜日


先頭に戻る