広域のニュース

<所得公開>衆院比例東北、公開対象13人の平均2038万円

 2017年衆院選で初当選した3人、返り咲いた2人が加わり、公開対象は13人となった。所得総額の平均は2038万円で、前年と比べて45万円減少した。トップは歳費の他に共済年金の解約金を計上した岡本章子氏の2377万円。江渡聡徳氏が2321万円、高橋比奈子氏が2191万円で続いた。

◎参院比例 外務副大臣の佐藤氏2730万円

 東北関係議員8人が報告書を提出した。所得総額の平均は2190万円で、前年比128万円増。最多は佐藤正久氏の2730万円で、歳費や外務副大臣の給与に加え、原稿料などを計上した。中野正志氏が関連会社3社の顧問料などを含め2490万円、山口和之氏が2424万円で続いた。


関連ページ: 広域 政治・行政

2019年07月09日火曜日


先頭に戻る