宮城のニュース

<蜂屋食品>ホヤを使ったギョーザ復活 本格販売

ホヤのうま味が楽しめるほや餃子

 ギョーザ製造販売の蜂屋食品(塩釜市)は今月、三陸産ホヤを使った「三陸ほや餃子」を復活させ、本格販売している。宮城県が生産量全国一を誇るホヤの魅力をアピールする。
 仙台みそに漬け込んだホヤをバターで炒めて使う。主原料はホヤ、キャベツ、豚肉だけ。ギョーザ1個の具の2〜3割をホヤが占める。2010年に開発してイベントで提供した後、16年に1カ月間販売した。
 原料値上げなどで生産を停止したが、韓国の禁輸で生産者が販路に苦慮しており、商品復活を決めた。
 冷凍タイプで1箱10個(200グラム)入り、972円。蜂屋和彦社長は「酒、ビール、ワインのつまみにも子どものおかずにもいい」と話した。


関連ページ: 宮城 経済

2019年07月10日水曜日


先頭に戻る