宮城のニュース

<東京五輪>宮スタ改修本格化 大型スクリーン更新、芝全面張り替え

改修工事に向け足場が組まれた大型スクリーン=9日午前11時10分ごろ

 2020年東京五輪で男女サッカー競技の会場となる宮城スタジアム(宮城県利府町)で9日、大会に向けた改修工事が本格化した。来年3月まで大型スクリーンの更新や芝の全面張り替えを行う。
 高さ11.6メートル、幅25.4メートルの大型スクリーンの脇ではクレーンが動き、作業員が足場の組み立て作業に当たった。現スクリーンを撤去後、画質などが向上した新スクリーンを11月ごろ取り付ける。
 宮城スタジアムは一部施設を除き、8日に閉鎖された。ピッチの芝は7月中旬に剥ぎ取り作業を始め、10月ごろに新しい芝を植え付ける予定。同月中に植え付けを終え、大会本番に備える。


2019年07月10日水曜日


先頭に戻る