青森のニュース

<参院選>「アベノミクスは地方に恩恵ない」 立民・枝野代表、青森市で街頭演説

政権批判を展開する枝野代表

 立憲民主党の枝野幸男代表は11日、青森市で街頭演説し「アベノミクスで大企業の収益は伸びたが地方には恩恵がない」と安倍政権の経済政策を批判した。
 実質賃金の低下や家計消費の落ち込みに触れ「待っていても青森に波は来ない。野党選択という新しい結論を出し、新たな道を切り開こう」と呼び掛けた。1次産業に関しては戸別所得補償制度の復活を訴えた。
 演説には青森選挙区(改選数1)に立候補している党新人が参加。枝野氏は「各野党勢力が応援してくれている。もう一押しを頂きたい」と声を上げた。
 枝野氏は同日夕、福島県南会津町でも演説した。


2019年07月12日金曜日


先頭に戻る