福島のニュース

TOKIO出演の新CM 福島県産農産物をPR

内堀知事(中央)と並んで、福島のモモと夏野菜をPRする城島さん(左)と松岡さん=12日、東京・目黒

 福島県産農林水産物の魅力を発信する「ふくしまプライド。」の本年度テレビCMの発表会が12日、東京都内であり、出演する人気グループ「TOKIO」のリーダー城島茂さん(48)と松岡昌宏さん(42)が出席した。CMは2種類で、東京電力福島第1原発事故による風評被害の払拭(ふっしょく)を目指す。
 「モモ編」は銭湯に入った城島さんが湯上がりに伊達市産のモモを笑顔で頬張る。「夏野菜編」は、松岡さんが居酒屋で白河市産冷やしトマトの売り切れを残念がった後、須賀川市産キュウリにかじり付く。いずれもテンポのよいリズムで「んだ、んだ」と繰り返すBGMが流れる。
 城島さんは「撮影現場でジューシーなモモをたくさん食べた」と満足げ。松岡さんは「生産者の作物への愛情も全国に届けたい」と述べた。
 9日に亡くなったジャニーズ事務所社長のジャニー喜多川さんにも触れ、城島さんは「社長に見いだされてこの場所にいる。笑顔で頑張ることが使命」、松岡さんは「こうして仕事をさせてもらえるのが何よりの供養になる」と話した。
 県は2012年度からTOKIOが登場するCMを制作。内堀雅雄知事は「2人の農産物への熱い思いがひしひしと伝わる」と語った。CMは13日から首都圏や関西、北海道、福島県内で放送される。


関連ページ: 福島 社会

2019年07月12日金曜日


先頭に戻る