宮城のニュース

障害者と健常者、10月列車ツアー 参加者を募集

 障害者と健常者の交流活動に取り組む「ひまわり号を走らせる宮城実行委員会」(仙台市)は、10月20日に実施する列車ツアーの参加者を募集している。
 1986年に始まり、今回で34回目。今年は二本松市で菊人形を見学する。定員は障害者50人を含め200人。実行委の鷲見俊雄事務局長は「障害者と健常者が、互いに理解を深められる旅にしたい」と参加を呼び掛ける。
 参加費は大人5500円、学生(中学生以上)4500円、子ども3500円、幼児500円、障害者(中学生以上)4800円、付添人(1人まで)4800円、障害児3000円。
 申し込みは郵送かファクスで受け付ける。連絡先は鷲見事務局長022(297)1751。


関連ページ: 宮城 社会

2019年07月13日土曜日


先頭に戻る