宮城のニュース

蔵王・小学生とカナダ選手 ラグビーの魅力交流でがっちり

パス練習で交流するカナダの選手と地元の子どもたち

 宮城県蔵王町の総合型地域スポーツクラブ「宮城蔵王スポーツクラブ」は、蔵王町円田にあるNPO法人くるみクラブ(東京)のグラウンドで、カナダのラグビー地域クラブチームとの交流イベントを開いた。

 訪れたのは「TMRラグビーフットボールクラブ」の約30人。イベントは6月29日にあり、子ども向け体験教室や、中央大のラグビー経験者らでつくるくるみクラブ、新日鉄釜石ラグビー部OBで元日本代表の谷藤尚之さん(67)が所属する仙台市のクラブ、鹿島ラグビー部などと親善試合を行った。
 体験教室には、地元の小学生と保護者ら約20人が参加。全国高校ラグビー大会3連覇の東福岡(福岡県)の元監督谷崎重幸さん(61)が講師を務め、身体接触をしない「タグラグビー」の基本を教えた。
 蔵王町遠刈田小3年の大本陽琉(はる)君(8)は「ラグビーは初めてで楽しかった。いろいろ教えてくれたのでまたやりたい」と話した。
 施設は1971年の開設で、ラグビー練習場や合宿地として活用されている。


2019年07月14日日曜日


先頭に戻る