秋田のニュース

<参院選>首相、秋田で地上イージス不手際を謝罪 秋田、青森で街頭演説

街頭演説する安倍首相。イージス・アショアを巡る防衛省の不手際を謝罪した=13日、秋田市

 秋田市が候補地となっている地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」を巡る防衛省の一連の不手際に関し、安倍晋三首相は13日、参院選(21日投開票)の応援で訪れた秋田県での街頭演説で「(防衛省の)不適切な対応があり、極めて遺憾で言語道断だ。秋田県民に心からおわびを申し上げたい」と謝罪した。
 安倍首相は大館、秋田、横手3市に入った。秋田市では、重大ミスや不誠実な対応について頭を下げ「私は日本の安全保障の責任者。国民の命を守り抜くためには、イージス・アショアがどうしても必要だ」と訴えた。「専門家らを交えて再調査を徹底していくことを約束する」と述べた。
 青森市でも街頭演説し、年金制度について「野党は財源や具体的な提案を全く示さない。不安ばかりあおっている」と批判。10月からの消費税増税によって財源を低年金者への給付金などに充てると説明し「負担を増やさずに年金額を増やすことはできない」と理解を求めた。


2019年07月14日日曜日


先頭に戻る