宮城のニュース

<ベガルタ>シュミット、仙台出発「いっぱいチャレンジを」

新天地での意気込みを語るシュミット

 J1仙台からベルギー1部シントトロイデンに完全移籍するGKシュミット・ダニエル(27)が14日、出発前に仙台市のJR仙台駅前で報道陣の取材に応じ「わくわくばかり。いっぱいチャレンジしたいし、失敗を恐れずに頑張りたい」と抱負を語った。
 15日に成田空港から渡欧し、健康診断と正式契約を経てチームに合流する。初の海外挑戦に「今まで培ってきたものが通用するかどうか分からない。通用しなくてもまた新しく学び、もっと良いGKに成長する」と決意を述べた。
 仙台でのラストゲームとなった13日のホーム鹿島戦は勝利で飾れなかったが、終了後の壮行セレモニーでサポーターから大声援を受けた。「今までいっぱい支えてもらった。いいニュースをたくさん届ける」と活躍を誓った。
 シュミットは米国生まれで2歳から仙台で育った。宮城・東北学院高、中大を経て2014年に仙台に入団。昨年以降は日本代表に継続して選出されている。


2019年07月15日月曜日


先頭に戻る