宮城のニュース

<仙台空港アクセス線>大人片道運賃を最大10円上げ 10月から

 仙台空港鉄道(名取市)は16日、10月に予定される消費税増税に伴い、運営する仙台空港アクセス線名取−仙台空港間の運賃を引き上げると発表した。11日に国土交通相に運賃改定の認可を申請した。認可されれば10月1日以降、切符を購入する場合の大人の片道運賃の一部を10円引き上げる。
 定期運賃を含めた全体の引き上げ率は1.849%。切符の場合、大人の片道運賃を名取−杜せきのした間、杜せきのした−美田園間は170円から、名取−仙台空港間は410円から、それぞれ10円引き上げる。他の区間は据え置く。
 ICカード乗車券の場合は現行174〜411円の大人片道運賃を178〜419円とし、1円単位で増税分を反映する。
 定期運賃(1カ月)の通勤用は現行より10〜30円、通学用は現行より10〜20円引き上げる。


関連ページ: 宮城 経済

2019年07月17日水曜日


先頭に戻る