宮城のニュース

<高校野球宮城>中新田、逆転サヨナラ勝ち

亘理−中新田 9回裏中新田1死一、二塁、浅倉の中越え逆転サヨナラ2点三塁打で生還する一走菅原(右)

 ▽2回戦(石巻市民)
亘 理001002011 =5
中新田100020012x=6

 【評】中新田が逆転サヨナラで激しい競り合いを制した。1点を追う九回1死一、二塁、浅倉が中越えの2点三塁打を放って試合を決めた。亘理は六回まで2度追い付き、八、九回はいったん勝ち越したが振り切れなかった。

◎浅倉、殊勲の2点三塁打

 1点を追う九回1死一、二塁、中新田の浅倉が中越えへ逆転サヨナラの2点三塁打を放った。「追い掛ける焦りより、楽しみの方が大きかった。リラックスして打てた」と照れくさそうに笑った。
 直前の無死一、二塁で菅原主将が犠打を失敗し、流れを失いかけた。結果的に菅原はサヨナラの走者となり「自分が本塁を踏んでいいのかなと思った。みんなに助けられた」と感謝する。
 2度のリードを守れず、終盤に2度勝ち越しを許す展開だった。阿部監督は「流れは亘理だったので延長に持ち込みたくなかった。これぞ野球という試合でしたね」と笑顔だった。

<亘理・岩間投手(九回に力尽きる)>
 「主将として仲間を信じて最後まで戦った。疲労なんて感じなかった。支えてくれた人への感謝は、この試合で伝えられたと思う」


2019年07月17日水曜日


先頭に戻る