岩手のニュース

<高校野球岩手>大船渡コールド勝ち 剛腕・佐々木、最後の夏が幕開け

遠野緑峰との2回戦に先発、2回を無安打無失点だった大船渡・佐々木=花巻球場

 第101回全国高校野球選手権の出場を懸けた地方大会は16日、各地で試合が行われ、岩手大会で高校野球史上最速163キロを記録した佐々木朗希投手の大船渡が初戦の2回戦に出場し、遠野緑峰に14−0で五回コールドゲーム勝ち。先発佐々木は2回を無安打無失点、球速は最速147キロだった。

 【岩手】
 ▽2回戦
大東 7―2 不来方
花泉 7―1 岩泉
久慈 4―2 黒沢尻北
福岡 3―0 高田
盛岡北 5―3 住田
岩手 16―0 一関修紅
大船渡 14―0 遠野緑峰
一戸 7―3 宮古

 規格外の剛腕が臨む高校最後の夏は静かに、確かな手応えとともに幕を開けた。最速163キロを誇る大船渡の佐々木は初戦の先発マウンドに上がり、2回を19球で完璧に封じた。「楽しく投げることができた」と充実感をにじませた。
 過密日程を見据え、球速よりも制球を重視。周囲が期待するような剛速球はなかったが、一回2死からはこの日最速の147キロで空振り三振を奪い「2ストライクから真っすぐにも緩急が付けられた」と好感触を口にした。4番打者としても一回に先制の2点三塁打を放ち、自らを楽にした。
 チームで一人抜きんでた実力を持つ大器は「みんなで」という言葉を繰り返す。「そういう思いで学校(大船渡)を選んだので」。1984年の春夏連続出場を最後に遠ざかっている聖地に向け、地元の公立校を引っ張るエースは「あと5勝をみんなでできたら」と青写真を描いた。


2019年07月17日水曜日


先頭に戻る