宮城のニュース

<参院選宮城>塩釜の離島に期日前投票所 1日限定開設 市選管、悪天候に備え

 宮城県塩釜市選管は17日、参院選(21日投開票)の投票所を浦戸諸島に1日限定で開設した。投票日の悪天候に備えた初めての措置で、投票日には開設せず、期日前投票の形を取った。
 期日前投票所の開設先は桂島、野々島、寒風沢(さぶさわ)島。1カ所ずつ午前7時〜午後3時に設け、島民が投票した。浦戸の有人4島に住む島民ならどこでも投票でき、投票箱は市営汽船で運ばれた。
 これまでの国政選挙で、市選管は投票日に桂、野々、寒風沢の3島に投票所を設置。今回は、2017年衆院選の投開票の際、台風のため海が荒れて投票箱を離島から船で運べず、九州の一部選挙区で即日開票を断念した例を教訓にした。
 未投票の島民は、投票日に市役所の投票所で投票できる。


2019年07月18日木曜日


先頭に戻る