宮城のニュース

<高校野球宮城>築館11安打打ち勝つ

 高校野球宮城大会第5日は17日、仙台市民、石巻市民の両球場で2回戦6試合があり、東北学院榴ケ岡、仙台三などが3回戦に進んだ。第5シードの古川学園は初戦で敗れた。
 東北学院榴ケ岡は4−3で岩ケ崎に逆転サヨナラ勝ち。仙台三は中盤以降に得点を重ね、9−2で村田に八回コールド勝ちした。
 18日も両球場で2回戦6試合がある。

 ▽2回戦(仙台市民)
柴田農林001001070=9
築  館00110425×=13

 【評】築館が激しい打撃戦を制した。1点を追う八回、飯塚の適時打で追い付くと、2死から川田が満塁本塁打を放って勝ち越した。柴田農林は八回、中山の2点三塁打などで一挙7点を挙げ逆転したが、逃げ切れなかった。

<川田、高校初アーチが決勝満塁弾>
 築館の川田が満塁本塁打で乱打戦に決着をつけた。八回に6点差をひっくり返されたが、直後の攻めで飯塚が適時打を放って追い付き、なおも2死満塁で打席へ。内角の真っすぐを左翼ポール際に運んだ。
 「ファウルかと思ったんですけど、ミラクルですね」。高校初アーチが満塁弾となり、寺田監督も「あんなに飛んだのは見たことない」と驚く一振りだった。
 4年ぶりに初戦を突破し、次戦は昨夏敗れた古川と当たる。好投手千坂とは定期戦を含め何度も対戦しており「今まで通りの野球をやれば勝てる」と気を引き締める。


2019年07月18日木曜日


先頭に戻る