宮城のニュース

<高校野球宮城>松島・松渕4安打完封

 高校野球宮城大会第5日は17日、仙台市民、石巻市民の両球場で2回戦6試合があり、東北学院榴ケ岡、仙台三などが3回戦に進んだ。第5シードの古川学園は初戦で敗れた。
 東北学院榴ケ岡は4−3で岩ケ崎に逆転サヨナラ勝ち。仙台三は中盤以降に得点を重ね、9−2で村田に八回コールド勝ちした。
 18日も両球場で2回戦6試合がある。

 ▽2回戦(仙台市民)
松  島000010022=5
古川学園000000000=0

 【評】松島が零封勝ち。主戦松渕は10四死球を与えながら4安打完封。要所で変化球が切れた。打線は五回、高橋の左犠飛で先制すると、八回に深田が2点打を放って突き放した。古川学園は15残塁。決定打を欠いた。

<古川学園、勝負どころで一打出ず>
 古川学園は勝負どころで一打が出ず、初戦で姿を消した。一、三、四回と前半に3度も満塁の好機をつくったが、ここ一番で松渕の変化球に手を焼いた。
 三回の1死満塁は6番佐々木が低めのカーブに手を出して三振。続く佐藤も変化球を捉えられず捕邪飛に終わる。四回は2死満塁で4番山崎という絶好の先制機だったが、スライダーを引っ掛けて遊ゴロに倒れた。
 10四死球をもらいながら、わずか4安打で零封された。米倉監督は「直球を狙わせたが絞り切れなかった」と肩を落とした。


2019年07月18日木曜日


先頭に戻る