宮城のニュース

<高校野球宮城>宮城広瀬 着実加点

 高校野球宮城大会第5日は17日、仙台市民、石巻市民の両球場で2回戦6試合があり、東北学院榴ケ岡、仙台三などが3回戦に進んだ。第5シードの古川学園は初戦で敗れた。
 東北学院榴ケ岡は4−3で岩ケ崎に逆転サヨナラ勝ち。仙台三は中盤以降に得点を重ね、9−2で村田に八回コールド勝ちした。
 18日も両球場で2回戦6試合がある。

 ▽2回戦(石巻市民)
宮城農 000000000=0
宮城広瀬20101020×=6

 【評】宮城広瀬が快勝した。一回1死二、三塁から鈴木の左犠飛と菅原の左前適時打で2点を先取。三、五回にもそれぞれ1点を加えリードを広げた。宮城農は散発4安打に抑えられた。
 宮城農・木村主将(九回の内野安打で意地を見せる)「1点でも返したいという気持ちで食らい付いた。新チームは打ち勝てるようになってほしい」


2019年07月18日木曜日


先頭に戻る