宮城のニュース

<高校野球宮城>7得点で黒川快勝

 高校野球宮城大会第5日は17日、仙台市民、石巻市民の両球場で2回戦6試合があり、東北学院榴ケ岡、仙台三などが3回戦に進んだ。第5シードの古川学園は初戦で敗れた。
 東北学院榴ケ岡は4−3で岩ケ崎に逆転サヨナラ勝ち。仙台三は中盤以降に得点を重ね、9−2で村田に八回コールド勝ちした。
 18日も両球場で2回戦6試合がある。

 ▽2回戦(仙台市民)
黒   川005000020=7
石巻好文館010100000=2

 【評】黒川が攻め勝った。0−1の三回、桑原が逆転の2点適時打を放つなど5点を挙げてリードすると、八回も桑原の左前2点打で突き放した。石巻好文館は10安打を放ちながら10残塁と攻め切れなかった。

<桑原、4番の仕事きっちり>
 黒川は桑原が4番の仕事を果たした。三回は無死満塁で打席へ。1ボールからの直球を右前にはじき返して逆転の2点打に。八回も2死満塁から4球目の変化球を左前に運びダメ押しの2点打とした。
 大会前は不振が続いていた。「少し焦りもあったが、今日の試合で払拭(ふっしょく)できた」と自信を取り戻したようだ。初めてベンチ入りした1年の夏は8強入りを果たしている。「先輩たちを越えられるよう強い気持ちで戦っていきたい」と話した。


2019年07月18日木曜日


先頭に戻る