宮城のニュース

気仙沼の山中でクマに襲われ男性死亡

 19日午後0時50分ごろ、気仙沼市関根の山中で、同市芳ノ口、農業菅原琢磨さん(88)が血を流しているのを知人の70代の男性が見つけ、119番した。菅原さんは現場で死亡が確認された。気仙沼署によると顔に爪で引っかかれたとみられる傷があり、クマに襲われたとみられる。
 地元猟友会のメンバーが現場から約100メートル離れた場所にいたクマを見つけ射殺した。同署や猟友会によると体長1・2メートル、体重約85キロの雄のツキノワグマ。菅原さんの鎌によるものとみられる傷痕があった。
 現場は同市月立小(児童人)から西に約2キロ、岩手県境付近の山林。


関連ページ: 宮城 社会

2019年07月19日金曜日


先頭に戻る