宮城のニュース

<高校野球宮城>仙台南、9得点快勝

仙台南―石巻商 5回裏仙台南2死二塁、鵜殿が右中間を抜く適時三塁打を放つ
仙台南―石巻商 2回裏仙台南1死満塁、木皿が右越えに先制の2点適時打を放つ=石巻市民

 【評】仙台南が大量9点を挙げた。二回1死満塁から木皿の右越え2点二塁打と井上の2点スクイズで4点を先取すると、五、六回にもそれぞれ加点してリードを広げた。石巻商は打線が4安打に封じられた。

 ▽2回戦(石巻市民)
石巻商0000000=0
仙台南040023×=9
(七回コールドゲーム)

 仙台南は5番鵜殿が投打で活躍し初戦をコールド勝ち。「自分の役割はいい流れを生み出すこと。納得のいく結果も残せた」と振り返った。
 バットでは二回、先頭打者としてチーム初安打を放った。「最初の打席で打てたのは大きい」。4点リードの五回は右中間を破る適時三塁打、六回も足を生かした適時打で存在感を示した。
 七回は救援投手で登板。二刀流の活躍に「球場の雰囲気を変えられる選手になるのが目標。優勝するためにできることは何でもする」と頼もしかった。


2019年07月19日金曜日


先頭に戻る