宮城のニュース

大崎・廃棄物の試験焼却差し止め却下 仙台高裁が地裁判断を支持

 東京電力福島第1原発事故で汚染された国の基準(1キログラム当たり8000ベクレル)以下の農林業系廃棄物の試験焼却差し止めを求め、宮城県大崎市岩出山の住民らが申し立てた仮処分の即時抗告審で、仙台高裁は19日、申し立てを退けた仙台地裁決定を支持し、住民側即時抗告を却下する決定をした。
 山本剛史裁判長は、住民組織が行政側と交わした事前申し合わせについて「住民の同意が得られなかった場合に焼却施設の機能変更が禁止されると解することはできない」と判断した。
 試験焼却が人格権に基づく違法な侵害に当たるかについて「生命、身体を侵害する高い可能性の証明があるとは言えない」とした。
 大崎市岩出山、古川と宮城県涌谷町の3焼却施設では22〜26日、市と大崎地域広域行政事務組合が試験焼却の最終段階を実施する。
 仙台地裁が4月、差し止めを求める仮処分申請を却下し、住民側が即時抗告していた。


関連ページ: 宮城 社会

2019年07月20日土曜日


先頭に戻る