宮城のニュース

<高校野球宮城>富谷延長12回で涙 柴田、利府、聖和学園4回戦へ 

柴田―富谷 6回裏富谷2死満塁、菅原が右中間に2点打を放ち、5―2とする=仙台市民

 高校野球宮城大会第7日は20日、仙台市民球場、石巻市民球場、鹿島台中央野球場で3回戦があり、柴田、利府、聖和学園が4回戦進出を決めた。
 柴田は延長戦の末に7−5で富谷を退けた。2点を追う九回2死一、三塁、千葉の右越え三塁打で追い付くと、十二回は2死二塁で佐久間が右中間に2点ランニング本塁打を放って勝ち越した。富谷は六回、菅原の2点打などで3点を奪い、試合を優位に進めたが、最後に力尽きた。
 聖和学園は迫桜に8−0でコールド勝ち。一回、4番畠山の左前適時打などで2点を先取し、三回に高橋駿の左前2点打などで3点を加えた。四回も徳光の2点二塁打などで3点を奪って試合を決めた。
 利府は仙台城南に3−2で逆転勝ちした。八回に1点勝ち越されたが、九回2死二塁で代打高橋健が右越えに2点本塁打を放って試合をひっくり返し、そのまま逃げ切った。

 ▽3回戦

利  府010000002=3
仙台城南010000010=2

迫  桜0000000=0
聖和学園203300×=8
(七回コールドゲーム)

柴 田200000102002=7
富 谷010103000000=5
(延長十二回)


2019年07月20日土曜日


先頭に戻る